正しい洗顔方法でおでこニキビを予防改善しよう

おでこニキビにはやはり「洗顔方法」は大切です。これをテキトーにやっていると私のように痛い目にあいます。

 

 

ここでは洗顔についての詳細と、正しい洗顔方法についてご案内します。

 

 

間違った洗顔への認識

おでこニキビができると、どうしても「一生懸命洗顔しよう」と思い、一日に何回も洗顔したり、ゴシゴシと手で顔をこすって洗顔したりしてしまいがちです。

 

 

まず、「洗顔するればするほどニキビはよくなる」というのではありません。これが陥りがちなんで気を付けましょう。

 

 

もともと、洗顔の目的は「汗や汚れ、余分な皮脂を取り除く」なので、たとえば一日家の中にいたりして汗をかかなかったら、あまり洗顔の必要はありません。

 

 

しかも、チョットした汚れくらいなら、水で洗顔すればだいたい落ちてしまいます。

 

 

洗顔料で洗顔しすぎると、逆に肌に刺激を与えて肌の回復周期が乱れて、肌の回復力が落ちてきます。すると逆にニキビが悪化するわけです。

 

 

ではなぜ、洗顔料を使って洗顔するのか?ですけど、やはり

 

 

ひどい汗をかいたり、一日中外にいたり、ホコリっぽいところにいたりした場合などは、洗顔料を使ったほうが汚れが落ちやすいからです。

 

 

また、余分な皮脂は洗顔料でないと落ちにくいです。余分な皮脂だけを落とす(必要な皮脂は落とさない)やさしい洗顔料を使う必要がある理由はココです。

 

 

例えば、毎日洗顔料を使って、肌の調子がいいなら毎日使っても問題ありません。

 

 

ただ、毎日洗顔料を使っていて、逆にニキビが悪化してきたよ・・・・と少しでも感じている人は、洗顔料での「洗いすぎ」を疑ってみてください。

 

 

私は、洗いすぎでこれに気づくまでにかなり遠回りしました。最近では、朝は水だけで洗顔料を使うのは夜だけです。

 

 

また、家にいたり、汗をほとんど書かなかったときは夜でも水で洗うだけです。ですので、基本仕事に行ったときの平日の夜洗うとういことが多いです。

 

 

そういった洗顔事情があるのを覚えておくと、「洗顔のしすぎ」で逆に肌を痛めることを防ぐことができると思います。

 

 

肌は人によって、千差万別なのでその点、気を付けてみてください。

 

 

 

洗顔料を使った洗顔方法

では、正しい洗顔方法です。この辺はネットで検索すればいくらでも出てくるので、オーソドックスなものでかまいません。

 

 

まず手をしっかり洗います

手に汚れがついていると、洗顔しても汚れが顔についてしまう・・・これだとあまりよろしくないですよね。

 

 

ニキビは雑菌を特に嫌うので、しっかり手をあらってから洗顔をします。

 

 

水だけでます顔を洗う

まず水で顔を洗います。先に水だけど落とせる汚れは落としておくのが目的です。

 

 

洗顔料での洗顔の目的は「余分な皮脂を落とす」ことと「水だけでは落ちない毛穴に詰まった汚れ」を落とすことです。

 

 

それ以外の汚れは、とりあえず水で落としておくと、洗顔料で洗う時に、汚れの落ちが違います。

 

 

洗顔料を泡立てます

洗顔料を泡立てることはとても重要です。

 

 

基本、泡で顔をあらいますので、たくさん泡があったほうが洗顔がとても楽です。この泡がきめ細かくてっていると、毛穴の奥の汚れをしっかり取ってくれます。

 

 

泡立て方法の動画

泡立ての方法動画(洗顔料)

 

 

泡立て方法(石鹸)

 

 

泡立て方法(石鹸・泡立てネット使用)

 

 

お奨めは石鹸の洗顔料で、泡立てネットを使うのが一番楽ですし時間もかかりません。泡立てネットを使うと簡単にたくさんの泡ができるので本当におススメです。

 

 

 

作った泡を顔に「のせる」イメージ

洗顔のイメージは手で、顔をゴシゴシする感じですが、これは間違い。

 

 

しっかり作った泡で、肌を包み込んで顔に「のせていく」イメージです。

 

 

と説明するより動画を見たほうがイメージがわきますね^^;)

 

 

洗顔方法動画

 

 

この動画のように、ほんとに泡を「のせて、泡をころがす」感じです。こういった優しい洗顔がニキビにケアにより効果があります。

 

 

 

泡を残さないようにしっかりすすぎます

 

泡をしっかりとすすぎます。すすぎは洗顔と同じく大事です。

 

 

泡が完全に残らないようにすすぎます。できれは8〜10回くらいはすすぐのがベターです。

 

 

どんなに肌に優しい洗顔料でも、肌に残っているとニキビの悪化につながります。おでこニキビでは特に生え際あたりが子載りやすいので、念入りにすすぎを行います。

 

 

 

タオルで水ををふき取ります

タオルで水をふき取ります。このとき、コスな内容に注意してください。

 

 

力を入れずに顔にタオルを押し当てる感じです。タオルはやっぱり洗い立てのものがいいです。汚れたタオルはNGです。

 

 

タオルで軽くぽんぽんと顔に押し当てるだけでOKです。

 

 

 

洗顔方法は以上です。

 

 

 

正しい洗顔を行うことが、おでこニキビ改善の基本になるので、しっかりおこなっていきましょう^^

 

 

 

→おでこニキビに効果のある洗顔料ランキングはコチラから

 

 

 

関連ページ

おでこニキビの大敵「前髪」の対策をしましょう
おでこニキビには前髪をたらすのはあまりよくありません。前髪の悪影響と対策をご案内します。
食事を正しくとっておでこニキビを改善しよう
ニキビをつくりにくい食事をすることで、おでこニキビを改善していきましょう。ニキビを防ぐ食事をご案内します。
おでこニキビが痒い時の対処方法
おでこニキビは痒い時ありますよね。そういうときにどう対処すればいいのでしょうか??その点についてご案内します。
繰り返すおでこニキビをなんとかしたい・・・
おでこニキビが直ったと思ったらまたできたといスパイラルに陥っている人も多いです。繰り返しできるおでこニキビについての原因と対応について見てみましょう
おでこニキビには汗をかいてそのままにしないのが効果的
おでこニキビには汗をかいて代謝をよくすることがケアに効果的なんですけど、キチンと汗を洗うことが効果的です。この点についてご案内します。